クルマの損害保険には読者の皆様ももうご存知かと思いますが等級と呼ばれる数字付けドライバーに対してつけられます。

正しくはノンフリート等級別料率制度と呼称され、保険の掛金に甚大に関わっています。

等級とは、自動車の保険に入っている人の公平さを可能な限り担保することを一番の目的とすることでアクシデントを発生させる、自動車損害保険を使う可能性がより大きければ大きいと認められるほど保険料が値上げされます。

しかし交通事故を発生させる恐れがほとんどなく自動車の損害保険を用いられる確率は低いだろうと考えられる被保険者は、低リスクの運転者だろうと認められ保険の掛け金が安くなります。

安全にマイカーを運転するドライバーの方がそうでない人より優遇される決まりには違いないので、トラブルを発生させやすい被保険者には不利な機構であると考えられます。

等級という機構は、優良被保険者と事故の可能性が大きい運転手の保険の掛け金が同じ額だと公平でないと考えてしまう方が多数を占めるので保険を取り扱う会社サイドにとっても支払い損を少なくするためにどうしても必須の仕組みだと断言できるのです。

等級とは具体的にはどのようなシステムなのか簡潔にご説明いたします。

初めに、等級は1等級より20等級まであり、数が増える毎に保険の料金が安価になる枠組みになっております。

続いて、1等級より3等級の範囲については割引されず逆に保険料は割増になり、自動車事故を引き起こし、自動車損害保険を適用してしまうと等級が3つ低くなってしまいより一層負担が増えた自動車損害保険を払っていくことになることを避けられません。

第三に、まったく新規で車の損害保険に入るのであれば6等級という位置からのスタートになりその等級から自分の数字が下がっていくのか高くなるのかは自分の心がけ次第です。

ですから、保険の料金を安く抑えたい運転者はアクシデントを防止するために日々安全な運転に留意するのがまずは一番大事です。